【三井住友銀行カードローン】銀行窓口での申込み方法は?!

昔ながらの銀行窓口

インターネット環境がない!パソコンが苦手!ガラケーしか持っていない! そんな人、いませんか?

 

パソコンやスマートフォンを使わないけど急いで借入したい人は、三井住友銀行の本支店に出向いて行き窓口にて申込み手続きをしましょう。

 

インターネットやスマートフォンが普及していない時代は、みんな窓口で手続きしたものです。

 

アナログな方法ですが、目の前に銀行員さんがいるので指示をもらったり、質問しながら申込書を記入していけますから失敗が少なく安心です。

 

その場で契約書類も記入するので、後々の面倒臭い作業は皆無です。

 

 

事前に用意する物、持参する物は?

この際、本人を確認するための資料(運転免許証、パスポート、健康保険証、写真付きの住民基本台帳カードなど)が必要になりますので持参して下さい。

 

又、300万円を超える申込みの場合は、申込み者の収入証明書が必要になりますので、事前の準備が必要です。

 

新規申込みで300万円を超える申込みだと審査は厳しいと思いますが、金利面ではグンと有利になりますね。

 

この場合も、ローン専用カードの受取りを「郵送」か「ローン契約機(ACM)」から選択します。

 

急いでいる人は、ローン契約機を選択します。

 

 

審査は最短30分ではありません

窓口での申込みは、その場で審査回答はもらえません。

 

審査結果は、指定した電話番号に連絡されてきます

 

ですから、勤務先などを連絡先に指定すると、勤務時間外になったら、当日中には審査結果が知らされてこない可能性はありますね。

 

連絡に際しては担当者の個人名で電話をかけてくるので、他人にバレる心配は不要なようです。

 

 

審査後の契約手続きとローン専用カードの受取りについて

ローン専用カードの受取りは「郵送」か「ローン契約機」で行ないます。

 

郵送の場合はローン専用カードと契約書類の控えなどが同封されて届きます。

 

ローン契約機で受け取る場合は、運転免許証などの本人が確認できる資料を持参の上、ローン契約機まで出向いて行きます。その場で、契約手続きを行ないローン専用カードを受け取ります。

 

 

最後に

ここまで、三井住友銀行カードローンの公式サイトに基づいて記載しましたが、何か気がつかれましたか?

 

それはカードの受取りについてです。

 

郵送を選択するとカードと契約書の控えが同封されてくるということは、窓口で契約書を記入していると思われます。

 

一方で、ローン契約機で受取りを希望した場合は、契約機で契約手続きをしてからカードを受け取ることになっているので、申込時には契約書に記入していないということなのでしょうか?

 

大勢に影響は無いと思いますが、ちょっと気になりました(笑)

 

必要書類の準備をしてお申し込み