【三井住友銀行カードローン】選ばれる理由!その秘密とは?!

どうせ借りるなら、銀行カードローンがお得!!

カードローンの仕組みは、いたってカンタン!!「お金を借りる」ということと「借りた金額に利息を付けて返す」ことだけです。

 

この際、「利息」がいくらになるか?ということが、最大の注目点ですね。

 

カードローンを選ぶ人のほとんどは「金利」に着眼すると思います。

 

 

金利が低いのは銀行カードローン

以前にも取り上げましたが、もう一度、各カードローンの金利幅を比較してみましょう。

 

【消費者金融カードローン】

金融業者名

年利

最大利用限度額

アコム

4.7%〜18.0%

500万円

プロミス

4.5%〜17.8%

500万円

アイフル

4.5%〜18.0%

500万円

モビット

3.0%〜18.0%

800万円


【銀行カードローン】

銀行名

年利

最大利用限度額

三菱東京UFJ銀行バンクイック

4.6%〜14.6%

500万円

三井住友銀行カードローン

4.0%〜14.5%

800万円

みずほ銀行カードローン

3.5%〜14.0%

1,000万円

楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5%

500万円

 

どうですか?
かなり違いますよね?
‥え?あまり違って見えないですって?!

 

では、金利の読み方を具体的に説明しましょう!

 

 

金利の読み方と利息の比較

まず、カードローンで公表されている金利は「年利」です。

 

つまり、1年間借りた場合の利息額なので、1年未満の場合は365日で割ってから借りた日数をかけて計算します。

 

では、三井住友銀行カードローンを例に説明してみましょう。

 

  年利(1年間の利息) : 4.0%(800万円借りた時の金利) 〜 14.6%(100万円以下の借入金利)

 

このように、「最低金利(左側)〜最高金利(右側)」と金利幅がある場合の数値の意味は、利用限度額一杯まで借りた時の金利が左側の最高金利、新規で借り入れる人に適用されるのが見後側の最高金利ということなのです。

 

ですから、アコムの4.7%やアイフル、プロミスの4.0%は500万円借りたときの金利で、みずほ銀行カードローンの4.0%は1.000万円借りたときの金利、三井住友銀行カードローンの4.0%は800万円借りたときの金利ということなのです。

 

 

特に注目!最高金利!!

右側の最高金利は、新規で借り入れる際に適用される数値と思って良いでしょう。

 

消費者金融カードローンで多い18.0%という金利は、「10万円を1年借りると18.0%の利息(18.000円)が付くということです。
三井住友銀行の14.5%は、10万円を1年間借りると14.500円の利息が付く計算です。

 

つまり、10万円を1年間借りると消費者金融カードローンよりも三井住友銀行カードローンの方が3.500円もおトクということなのです。

 

20万円なら7.000円、30万円なら10.500円もの差が出てしまいます。

 

どうです?いかに消費者金融カードローンの金利が高いかが、おわかりいただけましたか?

 

ですから、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも人気が高いのです!

 

今、三井住友銀行カードローンが選ばれているのはなぜ?