【三井住友銀行カードローン】借入額と適用金利の関係とは?!

どういう根拠で利用限度額や金利を設定するの?

前の項目で説明したように、カードローンには利用限度額と金利幅が設定されています。

 

利用限度額や金利幅はカードローンによって異なるため、借り手はそれぞれのカードローンを比較して「自分にとってどのカードローンがオトクなのか?」を選択する事ができます。

 

では、貸し出す側は何を根拠にこれらの設定をするのでしょうか?

 

利用限度額は、貸し出す側が「最高でこの金額までは貸せます」という金額設定です。

 

特に難しいことはないと思います。

 

金利については、貸し出す側はこの設定で利益が変ってきますから、「このカードローンでは、いくらの利益が欲しいか?」という貸し出す側の思惑で金利が決まってきます。

 

ちなみに三井住友銀行カードローンの場合は、利用限度額800万円、金利は年4.0%〜14.5%というスペックです。

 

つまり、三井住友銀行カードローンの場合は、「800万円まで貸しますけど儲けを4.0%〜14.5%の間でもらいます」ということなのです。

 

 

金利はどうして一律じゃないの??

最低借入額から借入限度額までの金利が一律ならば、こんなに判りやすいことはありませんね。

 

しかし、実際の金利は貸出金額が大きいほど金利は低くなり、貸出額が小さいほど金利は高くなります。こうした設定は、貸す側の金融期間が勝手に決めているのではなく、「利息制限法」によって上限が決められているのです。

 

それによりますと、10万円未満は年20%、10万円以上〜100万円未満は年18%、100万円以上は年15%と規定されており、その上限を超える金利分に関しては無効、つまり支払う必要がないと規定されています。

 

従って、どのカードローンもこの規定の範囲内で利息を計算しているのです。

 

 

三大メガバンクの金利設定はどうなっている?

銀行のホームページには、カードローンの金利表が掲載されています。それに基づいて、三大メガバンクの金利を比較したものが以下の表です。

 

銀行

50万円借りた年利

100万円

200万円

三菱東京UFJ銀行

12.6%〜14.6%

12.6%〜14.6%

9.6%〜12.6%

みずほ銀行

14.0%

12.0%

9.0%

三井住友銀行

12.0%〜14.5%

10.0%〜12.0%

10.0%〜12.0%

 

これによりますと、三大メガバンクのカードローン金利は、三井住友銀行カードローンが中間で三菱東京UFJ銀行カードローンが高め、みずほ銀行カードローンが低めなことがわかりますね。

 

借入額で三井住友銀行カードローンを選ぶ