【三井住友銀行カードローン】各社利用額と金利の比較!第一弾!

色々なカードローンの利用額と金利を比較してみよう!

ここまできたら、主要なカードローンの利用額と金利を比較して、どのカードローンが優れたスペックを持っているのかを比較してみましょう。

 

銀行カードローンは契約限度額に対する適用金利がWebサイトで公表されていますが、消費者金融カードローンはそこまで詳細に公表していないので、500万円を上限として比較します。

 

 

各社カードローンのスペックを見てみよう!

では、各社のカードローンを細かく分析する前に、比較対象となるカードローンとスペックをあげてみまよう。

 

【消費者金融カードローン】

金融業者名

年利

最大利用限度額

アコム

4.7%〜18.0%

500万円

プロミス

4.5%〜17.8%

500万円

アイフル

4.5%〜18.0%

500万円

モビット

3.0%〜18.0%

800万円

 

【銀行カードローン】

銀行名

年利

最大利用限度額

三菱東京UFJ銀行
バンクイック

4.6%〜14.6%

500万円

三井住友銀行カードローン

4.0%〜14.5%

800万円

みずほ銀行カードローン

3.5%〜14.0%

1,000万円

 

新規利用者が利用した場合の金利差は?

カードローンの金利は1年間借りた場合の表記であり、これを年利と言います。どのカードローンにも金利に幅がありますが、これはカードローン会社から承認された限度額のコースによって適用金利が変るからです。

 

カードローン初心者の人が陥るパターンに「最大利用限度額まで借りる事ができ、借りた額に応じて金利がきまる」という勘違いがあります。

 

例えば、三井住友銀行カードローンを例にあげると?

 

  1. 800万円まで借りられるが、いくら借りられるかは審査次第。
  2. 借りた額に応じて金利が決まる。

 

つまり、1万円など少額の場合は4.0%、それ以降、借入金額に応じて金利が上がり、800万円借りると14.5%。

 

こんな感じです‥これは、間違いです!

 

正しくは、カードローン会社が審査して「この人は○○万円まで貸せる」というランク分けして、そのランクに応じた金利が適用されるのです。

 

つまり、

 

◆金利:4.0%(800万円まで借りられるランク)〜14.5%(新規利用者のランク)

 

ということなのです。ですから、カードローンを選ぶ場合は「最高金利」を比較しなければならないのです。

 

又、最低金利は最高利用限度額を借りた時の金利です。消費者金融カードローンの最高利用限度額は500万円で、最低金利は4.5%〜4.8%程度です。

 

これに対して、三井住友銀行カードローンは800万円借りても4.0%、みずほ銀行は1.000万円借りても3.5%(一般人は4.0%)と消費者金融カードローンよりも低金利です。

 

このように、正確な知識を以てカードローンを見てみると、消費者金融カードローンの方が高金利なことがわかりますね。

 

次の項目では、各カード会社の金利にスポットを当てて比較分析していきたいと思います。

 

他社と比較して三井住友銀行カードローンを賢く選ぶ