【三井住友銀行カードローン】各社利用額と金利の比較!第二弾!

新規利用時の金利を比べてみよう!

消費者金融カードローンと三大メガバンクのカードローンスペックは、前項目を参照して下さい。

 

まず、新規利用者が借り入れた場合の金利を比較してみます。

 

消費者金融部門の最高金利は、アコム、アイフル、モビットが18.0%、プロミスが17.8%です。

 

銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックが14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%、みずほ銀行カードローンが14.0%です。

 

新規申込みの場合、消費者金融カードローンの場合は利用限度額が30万円〜50万円程度で承認が下りることが多いようです。

 

仮に50万円承認されたとして1年間借りた場合、それぞれの金利を当てはめてみましょう。アコム、アイフル、モビットの18.0%では、1年間の利息が9万円になります。プロミスの17.8%では、8万9千円です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの14.6%では7万3,000円、三井住友銀行カードローンの14.5%では7万2.500円、みずほ銀行の14.0%では7万円です。

 

これを整理しますと、消費者金融カードローンの利息が約9万円、銀行カードローンには、7万円ちょっとですから、その差は2万円近くになります。

 

 

利用限度額500万円の金利比較!

では、消費者金融カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンの最高利用限度額500万円で比較してみましょう。

 

まず、アコムの4.7%が一番高く500万円を1年借り入れると利息は23万5,000円、 三菱東京UFJ銀行カードローン4.6%で23万円、プロミス、アイフルが4.5%で22万5,000円、三井住友銀行カードローンは6.0%なので30万円、みすほ銀行カードローン(コンフォートプラン、住宅ローン割引なし)は5.5%なので27万5,000円という意外な結果になりました。

 

この結果、500万円の借入ではプロミス、アイフルという消費者金融カードローンの利息の方が安いということが結論づけられました。

 

もっとも、総量規制がありますから、消費者金融カードローンで500万円を借入できる人は、年収1,500万円以上あることになりますね。

 

そんな人が消費者金融カードローンで500万円も借りることは希でしょうけど。

 

 

利用限度額800万円での比較では?

ここから先は、三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの一騎打ちです。

 

三井住友銀行カードローンは上限利用限度額なので最小金利の4.0%が適用されますので32万円の利息になります。

 

一方で、みずほ銀行カードローンでは800万円未満が4.5%と三井住友銀行カードローンよりも0.5%低い金利ですが、800万円以上になると金利は3.5%に下がるので三井住友銀行カードローンよりも0.5%低くなります。

 

800万円の0.5%は4万円ですから、3.5%なら三井住友銀行カードローンよりもみずほ銀行カードローンの利息の方が4万円安く、4.5%なら高いという微妙な結果になりました。

 

結果として、プラスマイナスで互角と考えても良いかもしれません。

 

他社と比較して三井住友銀行カードローンを賢く選ぶ