【三井住友銀行カードローン】契約限度額は適用金利のコース分け

限度額は自分で決められる?

契約限度額800万円という言葉の意味は「誰でも800万円までなら借りられる」という意味では無く「ウチのカードローンは最高ランクのお客さんに800万円まで貸すことができます」という事なのです。

 

ですから、誰でもが800万円まで借りられるという事ではありません。

 

通常、カードローンを申し込む際に「自分はいくら借りたいか」という希望額を記載する欄がありますが、必ずしも希望額が認められるわけではありません。

 

審査する保証会社は、申込み者の収入や勤務環境、居住環境、他社からの借入状況や信用情報などの要件を総合的に分析し、「この人はいくらまでなら無理なく返済できるか?」を判断して契約限度額を決定します。

 

そのため、希望限度額を50万円と申請しても減額されることはよくある話で、希望限度額が高いほど審査落ちする可能性も高くなるようです。

 

 

契約限度額が決まると適用金利がきまる

契約限度額が決まると、利用者はその金額以内なら何度でも借入と返済を行なうことができます。

 

つまり、30万円の契約限度額ならば30万円以内なら何回借りてもよく、20万円借りて1ヵ月後に10万円返したら、又、20万円までなら借りられるということなのです。

 

契約限度額30万円というのは、借入金額30万円コースということですね。

 

契約限度額が決まると、それに応じた金利が適用されます。三井住友銀行カードローンの場合、100万円以下の契約限度額に適用される金利は、年12.0%〜14.5%です。

 

初回契約では、よほどの高収入が無い限りは最低額の契約限度額になります。

 

つまり、新規契約者は「100万円以下コース」という金利設定になるのです。

 

 

トラブルが無ければ増額の可能性も!

借りたお金をきちんと返す!!

 

これを繰り返し続けて優良な利用者と認められれば「限度額の増額申請」ができます。

 

新規契約なら、半年程度の利用実績があれば受け付けてくれるようなので、自身がある人は「上のコース」を目指しましょう。
三井住友銀行カードローンのワンランク上のコースは、年10.0%〜12.0%です。

 

利用限度額がワンランク上がれば、同じ金額を借りても金利が安くなります

 

三井住友銀行カードローンのトップページには、「100万円を1ヵ月借りた場合の利息比較」が掲載されています。

 

これによりますと、最低コースの100万円以下(年利14.5%)では利息が11、917円ですが、ワンランク上(年利10.0%)では8,219円と安くなります。

 

因みに、最高ランク(年利4.0%)では3,287円と格安!!
100万円以下コースと最高ランクの差は、ナント!!8,630円にもなってしまいます。

 

このように、契約限度額を高くするということは、「たくさん借りることができる」だけではなく「金利が下がる」という大きなメリットがあるのです!!

 

限度額で三井住友銀行カードローンを選ぶ