三井住友銀行カードローンの金利と詳細は?

三井住友銀行カードローンの利用限度額は?

三井住友銀行の利用限度額は、最高800万円です。

 

この金額が多い部類か少ない方かといいますと、現在の銀行カードローン(個人向け)の最高額は、みずほ銀行と住信SBIネット銀行のカードローンの限度額が1,000万円、三井住友銀行とオリックス銀行、じぶん銀行の限度額が800万円、三菱東京UFJ銀行と楽天銀行のカードローン利用限度額は500万円です。

 

ちなみに、消費者金融カードローンのアコム、アイフル、プロミス、モビットなども利用限度額500万円です。

 

このことから、三井住友銀行カードローンの利用限度額は「銀行カードローンの平均的なレベル」と言えると思います。

 

 

金利の幅はどう?

三井住友銀行カードローンの適用金利幅は、年4.0%〜14.5%です。

 

三井住友銀行は三大メガバンクのうちの1行なので、その他のメガバンクと比較してみますと、みずほ銀行カードローンは年3.5%〜14.0%(コンフォートプラン)ですが、最低金利の3.5%は「みずほ銀行住宅ローン利用者は年利を0.5%引き下げ」という裏技適用後の数値なので、裏技無しの一般人は最低金利4.0%が適用されます。

 

ちなみにみずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」は貸出額が200万円以上でみずほ銀行が勧誘した人のみが対象なので、一般人は利用できません。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、年4.6%〜14.6%となっています。

 

 

参考までに、その他カードローンの金利幅は?

イオン銀行カードローンBIGは年3.8%〜13.8%(最大利用限度額800万円)、新生銀行カードローンレイクは年4.5%〜18.0%(利用限度額500万円)、楽天銀行カードローン年は4.9%〜14.5%(限度額500万円)です。

 

一方で、ノンバンクのカードローンでは、アコムが4.7%〜18.0%、プロミスが4.5%〜17.8%、アイフルは4.0%〜18.0%、モビットが4.8%〜18.0%です。

 

 

審査時間は?即日融資は可能?

三井住友銀行カードローンは、都市銀行でありながらカードローン審査が柔軟で審査時間が最短30分という速さに定評があります。

 

又、同行に口座を作る必要がないので、手軽に申し込めることも好評です。

 

ただし、振込み融資に対応していないので、30分で審査回答をもらっても口座が無ければローンカードが郵送されてくるまで借入ができません。

 

しかし、店舗まで出向いて行けば「ローン契約機(ACM)」が設置されていますので、そこで契約手続きをすればカードを受け取る事ができます。

 

低金利で便利な三井住友銀行カードローン

 

記事一覧

三井住友銀行カードローンならではのメリットはあるの?銀行カードローンの中には、特典付きのものがあります。例えば、オリックス銀行カードローンならば系列グループ企業に宿泊施設やレンタカー、レジャー施設があるので、これらを優待価格で利用できるメリットがあります。みずほ銀行カードローンは、同行の住宅ローン利用者の場合に金利を0.5%引き下げて貰える特典があります。三井住友銀行カードローンの場合は、どんな特...

カードローンを語る前に!金融用語を知っておこう!カードローンについてネットなどで情報を収集していると、利子、利息、金利、年利など似たような言葉が出てきますね。「大体、同じ意味として捉えている」という人も多いのではないでしょうか?これらの曖昧な言葉を明解にすることで、きっとアナタもカードローンの理解が深まるはずです!利子と利息、金利や年利って同じ意味?お金を借りたら、「お礼(手数料)」を加算して返済...

色々なカードローンの利用額と金利を比較してみよう!ここまできたら、主要なカードローンの利用額と金利を比較して、どのカードローンが優れたスペックを持っているのかを比較してみましょう。銀行カードローンは契約限度額に対する適用金利がWebサイトで公表されていますが、消費者金融カードローンはそこまで詳細に公表していないので、500万円を上限として比較します。各社カードローンのスペックを見てみよう!では、各...

新規利用時の金利を比べてみよう!消費者金融カードローンと三大メガバンクのカードローンスペックは、前項目を参照して下さい。まず、新規利用者が借り入れた場合の金利を比較してみます。消費者金融部門の最高金利は、アコム、アイフル、モビットが18.0%、プロミスが17.8%です。銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックが14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%、みずほ銀行カー...

限度額は自分で決められる?契約限度額800万円という言葉の意味は「誰でも800万円までなら借りられる」という意味では無く「ウチのカードローンは最高ランクのお客さんに800万円まで貸すことができます」という事なのです。ですから、誰でもが800万円まで借りられるという事ではありません。通常、カードローンを申し込む際に「自分はいくら借りたいか」という希望額を記載する欄がありますが、必ずしも希望額が認めら...

どういう根拠で利用限度額や金利を設定するの?前の項目で説明したように、カードローンには利用限度額と金利幅が設定されています。利用限度額や金利幅はカードローンによって異なるため、借り手はそれぞれのカードローンを比較して「自分にとってどのカードローンがオトクなのか?」を選択する事ができます。では、貸し出す側は何を根拠にこれらの設定をするのでしょうか?利用限度額は、貸し出す側が「最高でこの金額までは貸せ...

利用限度額と適用金利以前にも取り上げたのですが、カードローンの金利は貸出金額が大きいほど金利は低くなり、貸出額が小さいほど金利は高くなります。これには、利息制限法という法律が影響していることもありますが、小さい貸出金額では利率を上げておかないと利益が少なくなりますし、貸出金額が大きくなるとそのままの利率では利息が大きすぎてしまうという側面もあるのです。例えば、金利を年20%に固定した場合、1万円を...